世界で一番孤独なInvestor

〜感情に左右されない投資を〜

投資で握力が弱いと悩むなら、こちらはいかが?

「なんで売ってしまったのだろう・・・」

売却した株が、その後に大幅に伸びることはよくあります。

納得できるものであれば良いですが、後悔することもしばしば。

私もたくさん経験しています。

 

結果的に売っておいて良かったというラッキーもあります。

不安になって、心が折れて、手放す。

でも、売却後も下がり続けたので結果的に助かった、というケースです。

 

運も実力のうちですが、ラッキーをあてにしていては継続的な資産拡大は厳しいのかもしれません。

損切りは「必要コスト」ですから、当然に用意されるべき選択肢ですが、理由なき損切りは減らしていきたいです。理由なく早々と利確することも同様ですね。

 

なので、今回はなぜ感情的に売り買いをしてしまうのか考え、対策を考えてみました。

自分のためのメモの要素が大きいですが、皆様にも共感いただける面があれば幸いです。

 

よく投資の世界では、「握力が強い」と表現されることがあります。

これは相場の乱高下に左右されずに、有望株を保持できた場合に用いられることが多いですね。

どうしても相場全体が暗い時や、理由もなく持ち株が下がる局面は精神的に辛いです。人間ですから。

時にはTwitterやネットで目にする噂や煽りに翻弄されてしまいます。

 

不安を感じないように心を殺すことは難しいですが、不安を少しでも抑えることは努力で可能です。

 

例えば、私は投資をする以前に銘柄をある程度調べます。

その際に、ノートに投資理由をまとめます。紙のノートでなくても、ブログやワードなどでも同様です。

「なぜそれに投資をしたのか」を簡単にまとめます。

 

投資後、不安になった時にそれを見返します。

正直、これだけでもザワザワした気持ちが少し落ち着きます。

ただ、気持ちを落ち着かせるだけでなく、その後の投資判断にも活きてきます。

もしかすると、ノートを見返して「当初の前提が崩れてるじゃないか」と気付くこともあります。そうであれば、バッサリ損切りを行います。

 

狼狽売りと同様に避けたい行動があります。

それは盲目的に信じ切ってしまうことです。

「これは必ず上がるんだ!」と頑固になることもしばしばありますよね。

これもノートを見返し、現状と比較して、自分の当初の考えに穴はないのか見直すことで冷静さを取り戻せそうです。

 

これは私の考え方ですが、投資は結局、孤独に粛々とやるしかないのかなと思っています。その上でノートは役に立っています。

誰かに相談して客観性を持つことも良いのかもしれませんが、私はしません。

 

「投資理由をノートに記す」

これは特別なことではなく、よく勧められてきた陳腐な手法かもしれません。

サプライズを与えられず申し訳ありません。

 

この古く、ありふれた習慣が、私の「狼狽売り」を防いでくれていることは事実なので共有させて頂きました。

実際に他の個人投資家の方々がどのように行動管理をしているのかは知りませんが、こういった習慣的行動をめんどくさがる人は多いのでないか、と思います。

仕事や家事が忙しかったり、他の趣味に夢中であればあるほど、ノートを取るなんて面倒になると思います。

まずは、「ひと言メモ」でも十分だと思っています。

ゴールデンクロスしたので株価が1200円ぐらいまで上がると考え買った」とかでも初めはOKかと。まずは習慣にすることで一歩前進です。

数十万、数百万、数千万、そして数億円も将来の資産規模を分かつであろう現在の投資行動をおざなりにすることは非常に勿体ないように思えます。

一つの簡単な行動でそれを防げるのであれば、面倒くさがらずにやりたいですね。

お金がかかっていますので。

 

これで以上です(笑)

大した内容でなくてすみません。

 

ノートをつける習慣に上乗せするのであれば、投資後も継続して銘柄分析をすることは重要です。

投資環境も変わりますし、月次報告やその他IRが更新され、再度見直す必要があるかもしれません。

また、より割安で上昇しそうな株を見つかれば乗り換えて良いと思います。

その際もノートの見返しは重要ですね。

私たちは「新しいもの」が好きですから、その目移りが一過性のものなのかチェックするためにも、売ろうとしている銘柄を再点検することは大切です。

そして、そもそもノートに記す当初の分析の精度が高ければ勝率は上がります。

それは一朝一夕には難しく、日々の勉強や調査が必要になると考えます。

精度が上がればきっと割高な買い物が減り、含み損の状態も減ります。

これを言っては元もこうもありませんが、安く買っておけばその後に上下に揺れても不安になりませんよね。基本的に含み益の状態がベストです。

それもやはり一朝一夕ではいかないですね。

私自身がまだまだ圧倒的に実力不足なんで頑張ります。

ご覧頂きありがとうございました。