世界で一番孤独なInvestor

〜感情に左右されない投資を〜

株・FX 気になるマーケットイベント(5/21〜5/25)

株価や為替に影響を与えうる経済イベントをまとめました。

予想値は5/18のBloombergをベースに載せています。

予想値は更新される可能性もありますので、事前にご自身でもご確認ください。 

 

1週間のマーケットイベント

()内は国内時間です。

 

21日(月)

【国内】

 ・4月貿易統計(8:50)

予想(輸出)前年比+8.7%

予想(輸入)前年比+10.5%

・4月首都圏近畿圏マンション市場動向(13:00)

・4月コンビニエンスストア売上高(16:00)

 

【海外】

・休場(ドイツ、カナダ、オーストラリア、スイス、デンマークノルウェーハンガリー、チリ)

G20外務相会合

アトランタ連銀総裁講演(翌1:15)

フィラデルフィア連銀総裁が討議参加(翌3:05)

ミネアポリス連銀総裁が質疑応答(翌6:30) 

 

22日(火)

【国内】

ソニーが中期経営計画を発表

財務省、20年物国債入札結果(12:45)

・4月全国スーパー売上高(14:00) 

 

【海外】

・休場(韓国、香港)

・米国連邦議会予備選挙アーカンソー州ジョージア州ケンタッキー州

米韓首脳会談(ワシントン)

・対中関税に関する反論の提出期限 

 

23日(水)

【国内】

・5月月例経済報告

・5月日経製造業PMI速報値(9:30)

・4月全国東京地区百貨売上(14:30)

 

【海外】

 ・北朝鮮、ブンゲリ核実験場を廃業・公開の予定(〜25日)

・ドイツ5月マーケットPMI速報値(16:30)

予想(製造業)57.9

ユーロ圏5月マークイットPMI速報値(17:00)

予想(製造業)56.1

予想(サービス業)54.5

・米国5月マークイットPMI速報値(22:45)

予想(製造業)56.1

米国4月新築住宅販売件数(23:00)

予想:年率67.9万件

予想:前月比−2.2%

ユーロ圏5月消費者信頼感指数(23:00)

予想:0.5

・週間石油在庫統計(23:30)

FOMC議事録(翌3:00) 

 

24日(木)

【国内】

・桜井日銀審議委員挨拶(10:30) 

 

【海外】

・南ア金融政策会合

予想(政策金利)6.50%(前回同様)

・ドイツ1-3月期実質GDP改定値(15:00)

予想:前期比+0.3%

・NY連銀総裁講演(17:15)

ECB政策理事会議事録(20:30) 

・新規失業保険申請件数(21:30)

米国4月中古住宅販売件数(23:00)

予想:年率556万件

予想:前月比−0.7%

 

25日(金)

【国内】

・非上場大手生保各社が2017年度決算を発表

・5月東京都区部消費者物価指数(8:30)

予想(総合)前年比+0.5%

予想(コアコア)前年比+0.4%

 

【海外】

・休場(アルゼンチン)

・債券市場が短縮取引(メモリアルデー前営業日)

・EU財務相会合

ドイツ5月Ifo企業景況感指数(17:00)

予想(総合)102.0

・イギリス1-3月期実質GDP改定値(17:30)

予想:前期比+0.1%

米国4月耐久財受注(21:30)

予想(全体)前月比−1.4%

予想(コアコア)前月比+0.5%

パウエルFRB議長講演、討議に参加(22:20〜)

米国5月消費者マインド改定値(23:00)

予想:98.9

・ダラス連銀、シカゴ連銀、アトランタ連銀の各総裁が討議に参加(翌0:45)

  

こめんと

今週の前半は、国内では貿易統計とソニーの中期経営計画の発表。

海外では、対中関税の話題が上がってくるでしょう。

週の半ばから、FOMC・ECBの議事録や北朝鮮の核実験場の話題がニュースで取り上げられると思います。そして、金曜日にはパウエルFRB議長の登場です。

為替が円高に振られる場面がちらほらあるかもしれません。

 

個人的にはソニーの中期経営計画は気になります。

ソニーに関わらず、CFO最高財務責任者)からCEOへ昇格するケースが増えているそうです。経営トップに求められるスキルに財務面が強くなってきたと考えます。

いま、週間ダイアモンドや東洋経済などの経済誌に「サラリーマンでも財務に強くなりたい」、「いる社員いらない社員」、「出世するために〜」的なテーマが多く、内容は決算書や経営指標の分析が多いですね。

会社を経営する役員でなくても、経営感覚を養うことが必要とされているのかもしれません。

私の好きな「俺のイタリアン(フレンチ等)」では、各店舗のシェフにその店舗の財務面を任せることで経営効率もサービスの質も向上したそうです。

当時は大胆な施策と話題になりましたが、今では一層にこの流れが強いのかもしれませんね。

今週も宜しくお願いします。