世界で一番孤独なInvestor

〜感情に左右されない投資を〜

「投資をしない」という選択肢

休むも相場

株式投資に慣れてくれると積極的に売買することを好むようになります。

全ての人がそうではありませんが、多くの個人投資家は思い当たるかもしれません。

すぐに新しい銘柄を購入したくなる気持ちは私も強いです。

まさにポジポジ病(ポジションを持ちたい中毒状態)。

 

運用会社としては売買をすることが仕事の部分もあるので、なかなか手を休めることもできませんが、個人投資家は投資するもしないも自由です。

よく言われることですが、これは個人投資家のメリット。

 

そして、最近私は強く思うことですが、ここから一層に銘柄選別が肝になると考えます。

決算の良い大型株を持っておけば日経平均の上昇に乗ってなんでも儲かる時期は終えてしまったと感じるからです。

なまぬるーい適温相場が恋しいですが、今後も株式相場の乱高下(またはピークアウト)を覚悟する必要を多くの人が感じていると思います。

個人的にはまだブル相場継続だと考えますが、盲信はできません。

 

ただ、ここ数年のように相場環境が比較的良好な状況ではなかった過去においても、有力な個人投資家は資産を拡大していたわけです。

これはすごいですね。尊敬します。

相場全体が冴えない局面が来たとしても、大きく成長を遂げる企業の株価は上昇するわけです。

時には相場全体の影響を受け、投げ売られることもありますが、企業価値を早く大きく高める企業の株価は遅かれ早かれ上がるものだと考えます。

 

日経平均は年初の高値になかなか近づけておりませんが、それでも年初来高値を更新し続ける次世代の企業は続出しています。

 

話題を「休むも相場」に戻します。

私は相場環境が読めない時、または悪い時に投資を休むべき!と考えている訳ではありません。

一般的な「休むも相場」とは異なるかもしれません。

先ほど記したように相場全体がヨコヨコでも悪くても、年初来高値を更新する銘柄があるわけです。

つまり、銘柄選別が徹底できないときは「休むも相場」を発動すべき、と自分に言い聞かせています。

偏った考え方ですが、資産を拡大したい願望を持つ小資産の私が「来年から景気後退局面に入る可能性があるから数年間は投資を辞めるか」となることはありません。

銘柄選別さえ整えばいつでもチャレンジします。

 

私は現在進行形で後悔していることは、自信を持って調べた主力株で作った利益を元手に「そこそこ良さそう」な新規銘柄を買ってしまったことです。

その調べた量の少なさと比例して自信もさほどありません。

ただ、大きく利益を上げている最中は、特に調子に乗ってしまいがちです。

イケイケドンドンと気持ちが前のめりになってしまいます。

自信もなくエントリーした銘柄は上がっても下がっても安心できないものです。

とかく利益確定は早く、損切りは無駄に長くなりがち。指針がないから当然です。

調査不足は握力が弱くなりがち。

 

さてさて

今現在、次の主力候補が見つかっておりません。残念。

主力株が投資当初に想定した株価水準のレンジ内に入って来ました。

「もっと上を狙える」と欲張りがちですが、当時の一生懸命に調べて考えた想定レンジなので、それに従って粛々と売っていきます。

4,5月には全て現金化してノーポジ状態になると思います。

一度手を止めて、「これだ!」と思える銘柄に出会えたらまた資産の大半を乗せようと思います。

そもそも利益確定が終わっていないので、先のことばかり考えてはいけませんね(笑)

まずはこの上昇が継続することを期待します。

いつもご覧下さりありがとうございます!

【参考記事】