世界で一番孤独なInvestor

〜感情に左右されない投資を〜

スポンサーリンク

利益確定のタイミングはいつ?(株初心者向け)

悩むのは売る時よりも買う時

今回は基本的な内容なので初心者向けとしました。

含み益になっている株の利益確定の仕方の話ですが、私のやり方なので「そんな考え方もあるのね」ぐらいの気持ちで読んでください。

 

「頭と尻尾はくれてやれ」

という相場の格言があります。よく聞く言葉ですね。

これの意味は、「株を底で買えなかった」or「天井で売れなかった」という悔しい部分は投資をする上での必要コストと考えましょう、といったところでしょうか。

つまり、完璧なタイミングで売買しようとすな!みたいな感じです。

 

心を律するのは難しいですね。

買ったところからあと少しで2倍になる!とか、節目の3000円を超えたら利益確定したい!とか、頭の中で理想の目標値がちらつきます。

また、アナリストが発表する「目標株価」を信じてそこまで忍耐強く保有することもあるでしょう。

これに際しては色々と意見があるでしょうが、アナリストも何かと立場もあり、多少の色が付いているケースもあると考えます。

証券会社の目標株価の引き上げはそれだけで株価を引き上げるきっかけになるので、そのタイミングで上手く売り抜けている上手な投資家さんもいると思います。

なんにせよ、自分自身の売るラインを用意することは重要ですね。

 

私の考えですが、株は売る時よりも買う時により悩みべきだと思います。

「それは割高ではないのか」、「価値が見直された時にどこまでの上昇余地があるのか」など買う時に考えることがたくさんあります。

そして念入りに投資対象の企業のことを調べに調べ、「よし!投資しよう」となったり「冷静に考えたらこりゃ割高だわ」となったりすることで冷静なトレードができると思います。

もし、投資する前に上がってしまったらそれはそれで仕方ないと割り切りましょう。

なぜか私たちは、注目した株が上昇し始める様子を見ると「早く買わなきゃ」と激しい焦燥感を覚えます。

それで儲かれば良いですが、思った動きにならなければ「どこで売れば良いのか?」と狼狽し、損切りも遅くなる可能性があります。

反対に衝動的に買って上昇しても同じく売り時に悩むかもしれませんね。

 

さて、買う時にしっかりと考え、それが功を奏し、保有株が上昇したとします。

その際に、私は利益確定を分割して行います。

「これは2000円は超えるだろう」と自身で想定した銘柄を1000円で買えたとします。

この場合、その株が2000円に到達するまで、その全株数をホールドし続けることはありません。

自分の想定する2000円に到達するまでに、一部の株数を順々に利益確定していきます。

例えば、株価が1500円〜1900円をつけている時に順々と。

保有株がラッキーなことに自身の目標株価にたどり着く頃には、買った当初の半分以下の株数しか残っていないやり方です。

「それはもったいない」と考える方もいると思います。

私も当初は全株数を目標株価まで握るやり方でした。

しかし、当たり前の話ですが、どの株も上がり続けるとは限りません。

それは地政学リスクや政治リスクによる市場全体の不条理な下落によるものかもしれませんし、そもそも自身の想定が完璧だなんてことがありえないと思っています。

自分の考え方に従う反面、ドライに上昇途中に粛々と利益確定をしていく事も重要なことではないでしょうか。

もちろん、資産クラスや銘柄の分散具合により多少のやり方は異なるでしょうが、一生懸命に想定し、その想定を信じて投資をしながらも、機械的に売買を行うといった矛盾した投資行動をとることは必要と考えます。

2倍株になった時に「これがフルポジションだったらなぁ」と私も妄想してしまいますが(笑)

 

今回は利益確定の話ですが、そもそも利益確定の流れにすらないないことの方が多いかもしれません。

投資した当初に考えたシナリオは崩れていないか定期的にチェックすることは重要です。

投資する直前は一種の高揚感により判断が誤っている事もあります。

投資をした後もチェックする事でより冷静に評価ができると考えます。

 

そもそも投資をした後に「やっぱり不安だ」となってすぐ手放すことは、投資前の企業調査が甘かったことが起因しているかもしれません。

ネガティブな変化が起きた場合は損切りをすべきなのでしょうが、何も起きていないのに不安になるのは、やはり衝動的に投資をした結果だと思います。

 

さて、ここまでつらつらと書いて思うのは、今回のブログタイトルが「利益確定のタイミングはいつ」で良かったのかな?ということです(笑)

内容とタイトルが少しズレている気もします。

これは「衝動的な投資」と同様に見切り発車をしてしまった悪い例ですね。

利益確定のタイミングについての結論は、『想定するラインまで全株を握らず上昇局面の中で順々に利益確定をしましょう!なぜなら、人の想定は完璧ではなく、市場動向も計算通りには動いてくれないから』でいかがでしょうか。

 

あくまで私の考え方ですね、話半分でお願いします。

ご覧頂きありがとうございました。