世界で一番孤独なInvestor

〜感情に左右されない投資を〜

株・FX 気になるマーケットイベント(3/19〜3/23)

週末に次の戦略を!

1週間の重要イベントをまとめます。

予想値は3/16のBloombergの数字をベースに載せています。

予想などは更新される可能性もあるので事前にご自身でも要チェックです。

 

1週間の重要イベント

()内は国内時間です。

 

19日(月)

【国内】

・決済文書の書き換え問題を巡る集中審議

・岩田、中曽日銀副総裁の任期満了

・2月貿易統計(8:50)

予想(輸出)前年比+2.3%

予想(輸入)前年比+15.5%

 

【海外】

G20財務相中央銀行総裁会議(〜20日)

中国2月主要70都市新築住宅価格(10:30)

・ユーロ圏1月貿易統計(19:00)

アトランタ連銀総裁が対談(22:40)

 

20日(火)

【国内】

・雨宮氏、若田部氏が日銀副総裁に就任

・2月コンビニエンスストア売上高(16:00)

・2月訪日外国人客数(16:00)

 

【海外】

中国、全人代が閉幕

習近平国家主席が演説します。

・英国離脱に関するEU一般理事会

・米国連邦議会予備選挙

FOMC(〜21日)

 

独)3月ZEW景況感調査(19:00)

予想(期待)10.0

・ユーロ圏3月消費者信頼感指数(24:00)

予想:0.1

 

21日(水)

【国内】

春分の日で休場

 

【海外】

・ブラジル金融政策会合結果発表

予想(政策金利)6.50%(前回:6.75%)

・米)10-12月期経常収支(21:30)

予想(経常赤字)1250億ドル

米)2月中古住宅販売件数(23:00)

予想:年率543万件

予想:前月比+0.9%

FOMC結果、FRB経済見通し発表(翌3:00)

予想(FFレート誘導目標)1.75%(前回:1.50%)

パウエルFRB議長が記者会見(翌日3:00)

 

22日(木)

【国内】

・3月日経製造PMI速報値(9:30)

・2月全国スーパー売上高(14:00)

・2月全国・東京地区百貨店売上(14:30)

 

【海外】

EU首脳会議(〜23日)

米州開発銀行年次総会(〜25日)

インドネシア金融政策会合結果発表

予想(政策金利)4.25%(前回同様)

・NZ金融政策会合結果発表(5:00)

予想(政策金利)1.75%(前回同様)

・独)3月マークイットPMI速報値(17:30)

予想(製造業)59.5

ユーロ圏3月マークイットPMI速報値(18:00)

予想(製造業)58.2

予想(サービス業)56.0

独)3月Ifo企業景況感指数(18:00)

予想(総合)114.6

・英)金融政策会合結果発表結果発表(21:00)

予想(政策金利)0.50%(前回同様)

・米)新規失業申請件数(21:30)

・米)3月マークイットPMI速報値(22:45)

予想(製造業)55.5

予想(サービス業)56.0

 

23日(金)

【国内】

・東京モーターサイクルショー(〜25日)

2月全国消費者物価指数(8:30)

予想(総合)前年比+1.5%

予想(コアコア)前年比+0.5%

 

【海外】

・米暫定予算期限

・鉄鋼、アルミニウムの輸入制限が発動

パキスタン上院議員選挙(月中)

・イタリア議会招集日

 

・ロシア金融政策会合結果発表(19:30)

予想(政策金利)7.25%(前回:7.50%)

アトランタ連銀総裁講演(21:10)

米)2月耐久財受注(21:30)

予想(全体)前月比+1.6%

米)2月新築住宅販売件数(23:00)

予想:年率62.0万件

予想:前月比+4.6%

ミネアポリス連銀総裁講演(23:30)

・ボストン連銀総裁講演(翌日8:00)

 

〈スポンサーリンク〉

 

 

まとめ

日米の政治リスクで株価は軟調な動き。

今週も月曜から集中審議など国内政治動向に進展が見られるかもしれません。

また、週末には輸入制限が発動されるなど米国にも動きが見られます。

今週も先週同様に出来高が少ない状況でのジリ貧相場となるでしょうか。

一つ異なるシナリオとしては、パウエルさん初のFOMCを通過後に、政治リスクをスルーして外国人が買いに移る可能性です。

利上げペースが加速する気配を感じさせない内容であれば年初から7兆円も売り越している外国人も一度買い戻しの可能性もあり得るかもしれません。

政治リスクが落ち着かないことにはそれも一時的な上昇かもしれませんが、7兆円の半分でも、三分の一でも買い戻せばインパクトのある上昇になると考えます。

政治動向もどのように発展するかわからない現状なので、強い個別銘柄を見つけ出し投資することが最善の策と考えます。

今週も銘柄発掘に勤しみます。