世界で一番孤独なInvestor

〜感情に左右されない投資を〜

株・FX 気になるマーケットイベント(2/26〜3/2)

週末に次の戦略を!

次の1週間の重要イベントをまとめます。

予想値は2/23のBloombergの数字をベースに載せています。

予想などは更新される可能性もあるので事前にご自身でも要チェックです。

 

1週間の重要イベント

()内は国内時間です。

 

26日(月)

【国内】

特になし 

 

【海外】

セントルイス連銀総裁講演(22:00)

米)1月新築住宅販売件数(24:00)

予想:年率65.0万件

予想:前月比+4.0%

クオールFRB副議長講演(翌5:15) 

 

27日(火)

【国内】

特になし 

 

【海外】

・ユーロ圏1月マネーサプライ(18:00)

予想:前年比+4.7%

・ユーロ圏2月景況感指数(19:00)

予想:114

独)2月消費者物価指数(22:00) 

予想:前年比+1.5%

米)1月耐久財受注(22:30)

予想(全体)前月比−2.5  %

予想(コア)前月比+0.5%

米)2月消費者信頼感指数(24:00)

予想(総合)126.0

 

☆臨時変更。FRB議会証言(下院)が1日前倒し。

・パウエルFRB議長の議会証言 (下院)

 

28日(水)

【国内】

1月鉱工業生産(速報)(8:50) 

予想:前月比−4.2%

・1月商業販売統計(8:50)

予想:前年比+2.5%

・1月新設住宅着工戸数(14:00)

予想:年率94.0万戸

2020年東京五輪パラリンピックのマスコット発表

 

【海外】

・休場(台湾)

中国2月政府版PMI(10:00)

予想(製造業)51.2

 ・ユーロ圏2月消費者物価指数(19:00)

予想(総合)前年比+1.2%

予想(コア)前年比1.0%

米)10-12月期実質GDP改定値(22:30)

予想:前期比年率+2.5%

・米)2月シカゴ購買部協会PMI(23:45)

予想:64.0

パウエルFRB議長半期議会証言、下院(24:00)

※冒頭の議長証言内容は22:30に公表

 

3月1日(木)

【国内】

 ・10-12月期法人企業統計季報(8:50)

予想(設備投資コア)前年比2.7%

・片岡日銀審議委員挨拶(10:30)

・2月国内新車販売台数(14:00)

・2月消費者態度指数(14:00)

日本郵便が「ゆうパック」を平均12%値上げ

 

【海外】

・休場(韓国、イスラエルスリランカ、タイ) 

中国2月財新版製造業PMI(10:45)

米)1月個人消費支出所得統計(22:30)

予想(支出)前月比+0.2%

予想(所得)前月比+0.2%

予想(PCEコア価格)前年比+1.5%

米)2月ISM製造業景況指数(24:00)

予想:58.7

パウエルFRB議長半期議会証言、上院(24:00)

 

2日(金)

【国内】

・2月東京都区部消費者物価指数(8:30)

 予想(総合)前年比+1.4%

予想(コアコア)前年比+0.5%

・1月完全失業率、有効求人倍率(8:30)

予想:2.8%、1.60倍

 

【海外】

 ・休場(インド)

・2月消費者マインド改定値(24:00)

予想:98.5 

 

〈スポンサーリンク〉

 

 

まとめ

今週の注目は、やはりパウエルFRB議長の議会証言でしょうか。

2月28日と3月1日には、初の米国上院と下院で証言に臨みます。

金利上昇が経済に悪影響があるのではないか、と市場が不安を抱く状況下、この不安を解消してくれるような証言内容であれば相場の安定が期待できます。

少しずつ相場のボラティリティも小さくなり、金利上昇への過度な不安が後退すれば株式市場も暖かい春を迎えられるでしょう。

アノマリー的には4月は外国人投資家の買い越しの月ですね。

 良い1週間を!

ご覧頂きありがとうございました。

〈スポンサーリンク〉