世界で一番孤独なInvestor

〜感情に左右されない投資を〜

スポンサーリンク

株・FX 気になるマーケットイベント(2/12〜2/16)

週末に次の戦略を!

次の一週間の重要イベントをまとめます。

予想値は2/9のBloombergの数字をベースに載せています。

予想などは更新される可能性もあるので事前にご自身でも要チェックです。

 

1週間の重要イベント

()内は国内時間です。

12日(月)

【国内】

・振替休日

米国相場は動いているので、注意です。

 

【海外】

・休場(アルゼンチン、ブラジル)

米政府が19年度の予算教書を公表予定

 

13日(火)

【国内】

・1月国内企業物価指数(8:50)

予想;前年比+2.7%(12月:3.1%)

・1月工作機械受注速報(15:00)

(12月:48.3%)

 

【海外】

・休場(台湾、インド、アルゼンチン、ブラジル)

クリーブランド連銀メスター総裁講演(22:00)

 

14日(水)

【国内】

10-12月期実質GDP(1次速報)(8:50)

予想(GDP)前期比年率+1.0%

予想(個人消費)前期比+0.5%

予想(設備投資)前期比+1.1%

・1月首都圏マンション市場動向(13:00)

 

【海外】

・休場(台湾、ベトナム

・独)10-12月期実質GDP速報値(16:00)

予想:前期比+0.6%

独)バイトマン独連銀総裁講演(17:00)

ユーロ圏10-12月期実質GDP改定値(19:00)

予想:前期比+0.6%

・ユーロ圏12月鉱工業生産(19:00)

予想:前月比−0.2%

 

米)1月小売売上高速報(22:30)

予想(全体)前月比+0.3%

予想(除く自動車)前月比+0.5%

米)1月消費者物価指数(22:30)

予想(総合)前年比+2.0%

予想(コア)前年比+1.7%

・米)12月企業在庫(24:00)

予想:前月比+0.3%

 

15日(木)

【国内】

・12月機械受注と1-3月期見通し(8:50)

予想(コア)前月比−2.6%

 

【海外】

中国、春節休暇(〜21日)

・休場(韓国、中国本土、台湾、ベトナム

・ユーロ圏1月欧州新車登録台数(16:00)

米)1月生産者物価指数(22:30)

予想(総合)前年比+2.5%

予想(コア)前年比+2.1%

米)2月NY連銀製造業景気指数(22:30)

予想:17.9

米)2月フィラデルフィア連銀製造業景気指数(22:30)

予想:21.0

・米)1月鉱工業生産(23:15)

予想:前月比+0.2%

・米)2月NAHB住宅市場指数(24:00)

予想:72

 

16日(金) 

【国内】

特になし

 

【海外】

・休場(韓国、中国本土、台湾、香港、フィリピン、シンガポール、マレーシア、インドネシアベトナム

北朝鮮「故金正日元総書記誕生日」

 

・クーリエECB専務理事講演(17:20)

米)1月住宅着工建設許可件数(22:30)

予想(着工)年率122.5万件

予想(許可)年率130.0万件

・米)1月輸入物価指数(22:30)

予想:前月比+0.6%

米)2月消費者マインド速報(24:00)

予想95.5

 

〈スポンサーリンク〉

 

 

まとめ

日本相場は月曜日までお休みですが、米国相場は12日から通常運転です。

金曜日の米国相場は値動き激しい展開で、最終的にはプラスで終えました。

個人的感想は相場のボラに対して火消しに必死な日米政府の動きが見え、プラスで終えたとはいえ緊張感が継続する局面だと思います。

日銀黒田さん続投のニュースは一つ不安が消えましたが、相場が上昇局面に戻ったかは不確かな為替の水準です。

その意味でも12日の米国相場の株価の値動きと予算教書の公表でトランプさんが明らかにするインフラ投資計画の原則を確認したいですね。

国内では工作機械受注や機械受注、そしてGDP速報など景況感を占う重要指標の発表があります。

相場の反転を期待しながら重要なマーケットイベントを一つ一つ確認していきたいです。

 

厳しい局面を乗り越えた後、皆様の資産拡大が達成されることを祈ります。

ご覧頂きありがとうございました。

今後とも更新します。

GMOの分析ツールは便利です】