世界で一番孤独なInvestor

〜感情に左右されない投資を〜

ロイヤルホストの株を買おうと思ったら・・・

身近なお店の株を買う

私はよく喫茶店で作業をします。

しかし、家から少し歩くので、一番近くのロイヤルホストに行くこともしばしば。

 

ピーター・リンチを見習い、身近な企業にもっと関心を持とうと思っていました。

近所のロイヤルホストはいつも混んでおり繁盛!

そして、ファミレスがあまり好きではない私たち夫婦も、ロイヤルホストの食事は美味しく感じました。

 

「株を買ってみようかな・・・」

 

優待にも株価の上昇にも期待できると思い、さっそく株価をチェック。

 

「・・・だいぶ上がっているな」

 

見事なまでの上昇ぶりです。

買い向かうには気が引けました。

f:id:idhry:20171225225144p:plain

ロイヤルホールディングスのチャート

 

年初から年末まで右肩上がり

年初来安値が1/18の1861円

年初来高値が12/18の3280円

その差はなんと76%ほどもあります!

 

2017年は日経平均も上昇しましたが、ロイヤルホールディングスの株価はその何倍もの上昇です。

ロイヤルホールディングスは、他にも天丼チェーンの「てんや」なども展開しています。

※当ブログは投資の推奨を一切しておりません。

 

〈スポンサーリンク〉

 

 

個人投資家の勢い

2017年は仮想通貨も人気を集め大きく上昇しましたが個人投資家の資金はジャブジャブな状態ということでしょうか。

消費者に近い企業はどうしても注目されがちですが、ここまで見事に資金が集まっているのを見ると株式市場の盛り上がりを肌に感じました。

 

MRFの待機資金が13兆円もあると少し前にニュースになりました。

投資に向かう可能性のある資金はまだまだ莫大です。

 

BtoCの株価は大きく上昇しているものが多いですが、大きな成長率を誇る次世代エースの企業の中にはまだ割安なものも存在します。

EV、量子コンピューター、カジノ、オリンピックや仮想通貨などこの2018年もテーマに事欠きません。

また、テーマに頼らずとも実際の企業の稼ぐ力も堅調に伸びています。

 

きっかけが仮にビットコインにしろ、多くの人が投資に関心を持てた2017年の流れを2018年も引き継ぐことを期待します。

日本株世界景気に敏感な株ですので、マクロな話題にも注意を払いながら、有力な個別銘柄を発掘したいですね!

 

少し乱暴な表現ですが、ファミレスの株が年8割近く上昇したわけです。

2018年も今年同様に相場が温まっている状態であれば、2倍株を手にすることは誰にでもチャンスがあると考えます。

話題沸騰の株に乗るのも良いですが、市場に気付かれていない有望株を自身で発掘したいです。

 

「最近、この商品よく売れているな」

「ここの料理は美味しく、今後人気が出そう」

 

身の回りのちょっとした気付きを投資に繋げると新発見があるかもしれません。

 

「創味シャンタンが人気あるよ」

と嫁に教えてもらいましたが、創味食品は上場していませんでした。

こんな感じに銘柄を探すのも個人投資家の醍醐味ですね。

ピーター・リンチは著書の中でこう言っています。

「テンバガー(10倍株)を見つけるには、まず自分の家の近くから始めることだ」

 

身近なところで有望株を見つけることができれば、個人投資家もプロを出し抜いて相場で勝つことが出来ます

皆様が投資活動を楽しみながら、有望株を発掘されることを祈っています。

もちろん私自身も勤しみます!

 

ご覧頂きありがとうございました。

今後とも更新します。

 【参考図書】 

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け

【関連記事】

 〈スポンサーリンク〉