世界で一番孤独なInvestor

〜感情に左右されない投資を〜

スポンサーリンク

株・FX 気になるマーケットイベント(12/4〜12/8)

毎週日曜日の恒例です。

1週間の戦略を練るために個人的に重要と考える国内外のマーケットイベントをまとめました。

※予想値などは変更されることもありますので、注目するイベントは事前にご確認ください。

 

12/4〜12/8のマーケットイベント

()は国内の時間です

 

12/4(月)

【国内】

マネタリーベース(8:50)

消費者態度指数(14:00)

☆10月は前月比2ヶ月連続の上昇だった。

前回:44.5

予想:44.9

 

【海外】

米10月製造業受注(24:00)

前回:1.4%

予想:−0.4%

 

12/5(火)

【国内】

特になし

 

【海外】

11月ISM非製造業景況指数(24:00)

前回:60.1

予想:59.0

 

12/6(水)

【国内】

特になし

 

【海外】

米11月ADP雇用統計(22:15)

前回:23.5万人

予想:19万人

 

12/7(木)

【国内】

11月都心オフィス空室率

 

【海外】

米新規失業保険申請件数(22:30)

前回:23.8万件

予想:24万件

 

12/8(金)

【国内】

7-9月期GDP改定値(8:50)

予想(年利換算)1.5%

予想(前月比)0.4%

メジャーSQ

11月景気ウォッチャー調査(14:00)

 

【海外】

中国11月貿易収支

米11月雇用統計(22:30)

前回:26.1万人

予想:21万人

失業率4.1%

 

〈スポンサーリンク〉

 まとめ

今週においては、金曜日の雇用統計が最も重要視されます。

FRB議長も交代されますが、今後の利上げペースなどを勘案する上で重要と考えます。

予想値を大幅に超え、強い結果が出れば景気好調と判断し、米国相場の一層の上昇を狙えるかもしれません。

 

懸念材料としては、大きく2つでしょうか。

4日から米韓合同軍事演習が始まるため、北朝鮮リスクの継続

フリン氏により再燃したロシア疑惑がどれほどまで影響を及ぼすか

 

先週、為替は110円台の局面がありましたが、現在は112円の水準まで円安が進行しています。

今週も懸念材料と雇用統計により為替の値動きは大きいかもしれませんね。

 

 

今後も情報発信していきます。

ご覧頂きありがとうございました。

【おすすめ本】 

オニールの空売り練習帖 (ウィザードブックシリーズ)

 

【関連記事】