世界で一番孤独なInvestor

〜感情に左右されない投資を〜

利益が上がっても破綻する!危ない企業を見抜く

見せかけの利益に疑いの目を

利益を上げれば、もちろん資産は増加します。

1年間の事業活動で利益が出て資産が増えたのか、損をして資産が減ったのかを示すのが損益計算書(PL)ですね。

企業にとってPLとは、その年の通信簿のようなものです。

 

しかし、重要なのは資産といっても「キャッシュ」もあれば「モノもあります。

先にこの記事の結論的な内容ですが、『利益は出ているのに、お金は増えてない、むしろ減っている会社』はよく調べなければなりません。

 

企業に『お金がどれぐらいあるのか』を確認する際に用いるのが『キャッシュフロー計算書』です。

今回は、最初にキャッシュフロー(CF)の基本を簡単に確認します。

次に危ない企業を見抜くためのキャッシュフロー表の確認の仕方をまとめます。

参考図書は『決算書はここだけ読め! キャッシュ・フロー計算書編 (講談社現代新書)』です。

  

 

 キャッシュフローの基本のキ

キャッシュフロー(CF)には3つの種類があります。

①営業CF

②投資CF

③財務CF

以上3つの項目でお金の動きを見ていきます。

注目すべきは営業CFと投資CFです。

 

①営業CFは本業での稼ぎ

こちらはプラスであることが基本です。

これがマイナスなら本業で稼げていない企業ということで事業を継続すればするだけ衰退してしまいます。

スタートアップならまだしも、急成長段階ではない企業がこの状態であれば注意が必要です。

 

②投資CFは事業の維持と拡大のための支出

こちらは基本的にマイナスです

事業の維持、拡大のために設備投資などを行うことが企業の健全な状態と考えるため、支出(=マイナス)することを基本とします。

これがプラスの場合は「資産を売却(解約)してお金を作っている」状態ですから、将来の成長にお金をあてるよりも今現在の資金繰りを重要視している可能性もあります。

または「設備投資をしても成長が見込めない」と弱気な時も投資CFがプラスになる傾向があります。

企業が将来に投資をしないのであれば成長し続けることは難しいですね。

 

 

営業CFー投資CF=フリーCF

フリーCFはプラスの状態だと安心できます。

稼ぎの中で将来の投資をすればプラスです。

つまり、手持ちのお金をマイナスにすることなく、成長の布石を打つことがバランスGoodな状態です。

 

③財務CFはお金を借りたり返したり

フリーCFがマイナスの状態とは、「お給料より生活を維持していくための出費の方が大きいと」ということです。

そうすれば、お金を借りなければなりません。

私もサラリーマン時代はよくオリックスカードローンを使用しました。

 

企業においてはマイナス分のキャッシュを財務活動によって補いますが、これを財務CFで表します。

財務CFがプラスの時はお金を借り越している時、マイナスの時は負債を返している金額の方が大きい時です。

 

〈スポンサーリンク〉

 

さて本題に入ります! 

CFで見抜く危ない企業

利益が上がっており、黒字経営を行なっている企業に対して、私たちは安心してしまいがちです。

しかし、払うべきものを払えなくなったら個人も企業も破綻状態といえるでしょう。

その場合、大切なのは資金繰りです。

 

損益計算書では利益がプラスなのに、営業CFがマイナスの企業は要注意!

この場合は損益計算書ではなく、キャッシュフロー計算書を重視しましょう。

 

基本的には、営業CFも投資CFもそれぞれの一番下の合計値のみを確認すれば良いと考えますが、『利益が出ているのに営業CFがマイナス』の場合は、一部の項目に目を向ける必要がありそうです。

 

例を用いて見てみる

以下に営業CFの例として作って見ました。

数字はデタラメで、項目のほとんどは省略

 

【例】

(単位:百万円)

営業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前当期純利益 2,500

減価償却費 220

・・・ 

・・・

売上債権の増減額(△は増加) △440

たな卸資産の増減額(△は増加) △3,400

・・・

小計 △490

利息及び配当金の受取額 0

利息の支払額 △15

法人税等の支払額 △299

営業活動によるキャッシュ・フロー △760

 

ー以上。

 

上にある『税金等調整前当期純利益』は税金が引かれる前の利益のことです。

これは25億円プラスですね。

しかし、一番下の営業CFの数値は7億6,000万円マイナスです。

ちなみに決算書の「△」は、数字のマイナスを意味します。

 

 

☆損益計算書の利益が黒字なのに、営業CFがマイナスにしてしまう原因は、『税金等調整前当期純利益』と一番下の『投資活動によるCF』の間に記載されている項目にあります。

 

 

もちろん、企業によって異なりますが、『売上債権』や『たな卸資産』などが主因となるケースが多いようです。

 

たな卸資産とはお客さんに販売する目的で所有する資産のこと。

商品、製品、原材料、仕掛品などをたくさん保有することで「資産は増加したが、キャッシュを減らしている」状態になりえます。

 

 売上債権とは得意先から代金を受け取る権利のこと。

これが回収できないが故に資金繰りを悪化させてしまうこともあります。

売上高が増加した以上に売上債権の残高が膨らんでしまったら危険です。

利益は上げているのに、回収できず倒産する場合はまさに黒字倒産と言えますね。

 

 

この状態は資金繰りが厳しいのは事実なので注意が必要です!

 

〈スポンサーリンク〉

 

不正をする企業とは

上記の状態」=「不正をしている企業」ではもちろんありません。

しかし、過去不正をした企業がいじる項目は上記のパターンが多いようです。

 

利益とは、キャッシュ以外の資産も含めた資産の増加を表します。

会社の保有する資産には、キャッシュだけでなく、債権もあれば、棚卸資産という在庫もあれば、不動産のような固定資産などいろいろなものがあります。

 

つまり、1年間の事業活動の結果、たとえキャッシュが増えなくても、キャッシュ以外の資産が増加すれば、損益計算書の利益はプラスになります。

 

 

不正の手口で多いのは「循環取引」という手法です。

架空の売上や架空の仕入があたかも実在した取引であるかのような会計処理が行われます。

循環取引」という手法によって、大掛かりな粉飾決算を行い、損益計算書の利益はほんとうはマイナスであったにもかかわらず、利益がプラスの損益計算書を作成します。

 

 

損益計算書の利益だけを見ていると気付けないカラクリです!

 

まとめ

今回は最初にキャッシュフロー(CF)の種類3つを確認しました。

そして、利益がプラスでも営業CFがマイナスの企業には要注意です。

なぜそのような状態になるのか確認すべき項目も簡単にまとめました。

また、不正する企業の特徴も触れました。

 

損益計算書が粉飾されてもキャッシュフロー計算書は嘘をつかないので、これの簡単な見方さえわかればリスクを回避できると思います。

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

少しでも参考になれば幸いです。

皆様の投資活動がこれからも上手くいき、一層に資産拡大されることを祈っています。

 

【参考図書シリーズ】

決算書はここだけ読め! キャッシュ・フロー計算書編 (講談社現代新書)

 

決算書はここだけ読め! (講談社現代新書)

 

【関連記事】