世界で一番孤独なInvestor

〜感情に左右されない投資を〜

【億万投資家】大人気ブロガー対談を読んでみた

寒くなってきたので、熱々のコーヒーを飲みながら投資の勉強をしています。

そのせいか、夜中まで本を読んでしまいます。

もう26時40分なので、13日の月曜日です・・・

 

 

今夜は日本の億万投資家名鑑 実践編 (日経ホームマガジン)を読んでいます。

成長株投資で資産を10倍以上に増やしたお二人の投資家の対談が面白かったので、その内容をちょこっとだけ紹介します。

 

f:id:idhry:20171113001146j:plain

膝に布団をかけて読んでいます

 

『10倍株当てる和製ピーターリンチ』エナフンさん

『資産10倍の高成長株コレクター』すぽさん

このお二人の対談です。

 

私もこんなカッコいい『二つ名』が欲しいです!

『マーケットの奇術師』投資家気分みたいなやつが欲しいですね。

 

 

さて、本題。

 

まず、テンバガーについて

エナフンさんはトンカツ専門店「かつや」を展開するアークランド(3085)や医療機器販売のディーブイエックス(3079)でテンバガー(10倍株)を達成し、すぽさんもインフォマートを最終的に14倍で売却と、素晴らしい目利きの持ち主のお二人。

 

しかし、テンバガーは狙っていないとコメントがありました。

3年から5年で2〜3倍ぐらいを狙って、弾みがついて5倍や10倍になることが実際のようです。

これはリアルで、参考になります。

しっかり初めから2倍以上に成長する株を選定しているが、結果的に10倍になることもあるみたいなことですよね。

 

 

成長株といえばピーター・リンチ

「既に利益を上げており、その着想で事業拡大が可能だと分かっている小さな会社を探せ」といったピーター・リンチの言葉を参考にされており、再現可能性のあるビジネスモデルをもつ企業を投資対象としているようです。

 

そのような企業の発掘は、片や四季報、新聞や雑誌などを読んで幅広く探せば、片や四季報は読まず街中を歩いている時など普段の日常から探すとバラバラ。

 

〈スポンサーリンク〉

 

相場で勝てない人

相場のアップダウンに動揺して流される人は勝てないし、人の意見を鵜呑みにする人は成長しない、と的を射た内容です。

やはり、お二人とも企業分析を徹底的にされ、自信を持って投資を行うので、目先の株価の下落局面でも冷静なのでしょう。

未熟な私も分析をした自信のある銘柄は、銘柄関係ない全体の下落局面は買い増しを行うこともあります。このような当たり前だが、中々続けられないことを積み重ね実践されたお二人が富を築かれたのは納得です。

 

 

割安な銘柄は無くなってきた

そんないまだからこそ、成長株投資が旨味を増すとのことです。

大怪我をしないために企業価値より株価が割安な銘柄に投資することは私も行いますが、成長性への目の付け所が非常に参考になります。あまり詳しい内容は書けませんが、ピーター・リンチ研究や他の著名な個人投資家の戦略など、前回の「億万投資家名鑑」より読み応えがあるように感じます。

 

 

短いですが、紹介はこんなもんで終わります。

 

 

最後に少し大切なこと

なるほどと思う内容が多いですが、何事も鵜呑みは禁物です。

素晴らしい投資家の方々ですが、同じことをやろうとして今後の相場でも上手くいく保証はありません。私もあくまで参考として読んでいます。

このような類の本はモチベーションUPに使わせて頂くことも多いのが本音です。

その中で、参考になると感じた部分を自身の投資スタイルに少し加えてみたり、やっぱり外してみたり試行錯誤しています。

 

まだまだ弱小投資家ですが、将来は私も億り人になり、二つ名をゲットします!!

面白い二つ名が浮かんだ方は教えてください笑

皆様、今後ともお付き合い頂きますよう何卒よろしくお願いします。

 

 

ありがとうございました。

【紹介の本】

日本の億万投資家名鑑 実践編 (日経ホームマガジン)

日本の億万投資家名鑑 (日経ホームマガジン)