世界で一番孤独なInvestor

〜感情に左右されない投資を〜

株式相場 下落局面をどう迎える??11月9日

本日、11月9日(木)の日経平均は嵐のような動きでした。

今後の相場の動きが気になるところです。

主観ではありますが、今後の流れを想定していきたいと思います。

鵜呑みにせず、皆様の相場感にプラスαとしてご覧頂けましたら幸いです。

 

 激動の相場を振り返る

私は日中相場をずっとは見ておりませんが、プラス400円以上の画面を確認した数時間後に、マイナス300円以上を見たときは右目を落としてしまいました。

トランプ大統領が当選したあの日を思い出しました。

 

一時前日比468円高と急上昇し、下落は390円安までいきました。

日中値幅は859円とやはり、大統領当選以来の日中値幅の大きさです!

 

f:id:idhry:20171109214019p:plain

どうなる日本の株式相場!?

 

出来高とチャート的にはヤバいか?

4兆9935億円

年内最高、14年以来の出来高!!

 

出来高のボリュームが大きく、上髭を大きく残してしまうのは、ピーク感がありますね。

・・・私は買いポジのみです。

 

 

しかし、多くのアナリストなど株の専門家たちは、2万4000円を年内の目安にしているようです。

理由はシンプルで、日経平均の一株利益(EPS)が1500円ちょいで、アベノミクスのPERのピークが16倍なので1500円×16倍=2万4000円とのことです。

株価=EPS×PERでしたね。

 

ちなみに、今調べて見たらNYダウとS&P500のPERは19倍以上です。

 

日本企業の決算内容は全体的に良さそうですが、すぐに日経全体のEPSをそこまで大きく上げないでしょう。

ミスターブラックカンパニーの野村證券は来年度にはEPS1600円以上との予想です。

これは話半分で見て置いて、実際の日経全体のEPSが計算されるのを待ちましょう。

 

 

今後の展開と対策

ここまでを総合すると、現状の株価が高いわけでもなさそうです。

しかし、ピッチが早すぎた感は否めません

一旦調整があるのはむしろ通常運転かもしれませんね。

決算シーズンも14日で終わりですので「出尽くしで調整」もあり得ます。

 

もし、日経平均短期間で一割以上も下がるようであれば、離陸も検討しなければいけませんね。

なんにせよ、本日この出来高とこの値動きがあったからには、ここからは柔軟な姿勢が必要です。

サラリーマンの方々や日中に相場を見れない方々は指値必須です。

 

 

現状、基本的にはまだ「上」なような気がします。

押し目には、現金ポジが大きい方は参入しても良いかもしれません。

その際は、いつもお話ししていることですが、ケガが少ないように企業価値より割安な株を買いに行きましょう!

投資は売るときに悩むのではなく買うときに悩む方が賢いと思います。

 

〈スポンサーリンク〉 

 

ブログを書いている今も先物のマイナス幅が大きくなり、弱気になりそうですが、全体が弱気の時も強気の時も冷静にいきましょう。

 

人の行く裏に道あり花の山

ん?ま、いっか。

 

ありがとうござました。

【おすすめ勉強本】

株式投資の王道 プロの目利きに学ぶ「良い会社」の見分け方