世界で一番孤独なInvestor

〜感情に左右されない投資を〜

スポンサーリンク

知っておきたい仕手株の基本

今回は仕手株や小型の動きの激しい株について書きます。

基本的、かつ短い内容なので、ご存知の方が多いと思います。

 

 

仕手株の定義は様々ですが、小型で、ブームがきて値動きが激しい株の話をします。

 

 

ちなみに、私はそのような株を今では買いません(過去痛い目もみています)。

企業分析を行い、中長期で株を買う場合にも、知っておきたい内容だと思います。

実際の企業価値より低い株価であれば中小型の株も買いますが、何かのきっかけで仕手化してしまえば、当初の目論見とは異なるのである程度の値幅を取り、早々に利益を確定します。

本音をいえば、自身の買った株が後々ブームになったら嬉しいですね

 

 

f:id:idhry:20171026100638p:plain

 

参考に(8927)明豊エンタープライズの株価チャートを載せます。

利益も伸びている素晴らしい企業ですので、仕手株とは言えないかもしれませんが、値動きと出来高が参考になるので選定しました。

 

 

 

さて、3分で読み終えます。

 

 

激しい動きになるのは小型株が多いです

具体的にどのような企業を指すのでしょうか。

 

 

浮動株が少ない

3,000万株以下ぐらいですかね

 

証券会社のアプリやサイトでも確認できますが、上場株数(発行株数)の近くに記載されていることが多いです。

f:id:idhry:20171026101733j:plainアナログですみません

 

浮動株が少ないということは、機関など大口さんの影響力が大きいということです。少なければ少ないだけコントロールされやすいです。

株の値幅で稼いでいる会社は世の中に多く存在します。

静かに目星しい株を買い集め、大きな資金力でその後、個人投資家を伴って株価を吊り上げていきます。

ちょうちん買いは短期間で結果が出せるので好む個人投資家も多いと思います。

 

 

貸借銘柄

つまり、信用の売りができる銘柄のことです。

信用銘柄(売り不可)でも激しい値動きになるものは多いですが、売りができる銘柄の方が売買が大きくなり、目立ちやすいので、より仕手化しやすいと思います。

 

 

低位株

300台以下など低い株価

株価が低い銘柄を低位株と言いますが、このような銘柄がターゲットになりやすいと思います。

 

 

まだまだありそうですが、とりあえずはこれぐらいで。

 

 

 

このような銘柄が動きだすタイミングはどのような時でしょうか

 

 

これも簡単に書きますと

出来高にボリュームが出てきた時

先ほど載せました株価チャートをご覧ください。

出来高が全然なかったのに、ある日を境に急に何倍もの出来高に増えています

 

特にこれといったニュースがないときは怪しですね。(明豊はどうだったか忘れました)

また、先ほどの条件の株で、ニュースがないのに少しずつ上昇している株も誰かが買い集めている可能性はあります。

 

 

急上昇銘柄のランキングに名も知らない会社が出てきた場合は、素晴らしい開発や業績を伴った場合を除き、仕手株の可能性があります。

何かの思惑が働き動き出すこともあれば、ツイッターで話題の煽り屋に寄って皆が集まることもあります。

 

 

仕手株についての本でオススメは、以前のブログでも紹介した中原圭介さんの著書「仕手株でしっかり儲ける投資術」です。

今回のブログの内容においても大変参考にさせて頂きました。

  

 

 

最後に注意点

 

出来高に注意

出来高が少なくなると売りにくくなります。

元々は出来高がとても少ない株ですので、一旦お祭りが終わり、閑散としてしまうと買う人もいなくなるので売ることが難しいです。

また、大きな上髭をつけた後に出来高が減り始めたらもうすぐ祭りは終わります。

先ほどの株価チャートもそのような流れでした。

 

 

煽り屋に注意

→話題が沸騰している株はすでに割安ではない可能性が大きいです。

投資の考え方次第ですが、結果の即効性のみを求めるのあれば良いと思いますが、実際の価値より割安で買って適正の株価になったら売る投資の方が安全のように思います。

 

煽り屋の方々は優秀です。素晴らしいセールストークなどで人を惹きつける力があるから影響力もあるのだと思います。

なので、値幅を取りに行きたいのあれば、その他大勢になるのではなく、冷静に考えて動き、煽っている方々を利用するぐらいの気持ちを持った方が良いかもしれません

 

 

 

以上です。

良き投資ライフを。

 

ありがとうございました。

また個別企業の分析を載せていきます。

 

【この本は良かったです】 

仕手株でしっかり儲ける投資術

〈スポンサーリンク〉